健康・医療系記事の検索順位を元に戻した方法【実際に戻りました】

目安時間5分

先日のGoogleアップデートの影響で医療・健康系の大幅変動大変でしたね。

前回の記事でご紹介した通り私の入れてた記事もその影響を受けて数々の記事が圏外に飛ばされていきました。

そこで、前回書いたようにちょっと修正して順位が元に戻るかどうかを実際に検証した結果が出ました!

修正した記事が元の検索順位に戻った!

なんと、結論から言うと狙っていたキーワードで元の順位に戻りました(笑)

修正した記事は1記事だけだったんですが、その他の修正していない記事は順位が圏外です。

この前ちょこちょこっと修正したのがようです。

その実際の画像が以下です。ものすごい振り幅(笑)

 

おかげさまで、この記事のPV数が少し戻ってきました。

実はこの記事、PVが1日で100近く行くこともあったりしてかなりのエース記事でしたので、

圏外に飛ばされてしまってもったいないと思っていたところでした。

他の記事も同じような対策を取れば順位が戻るかもしれませんね。

 

ちなみにキーワードツールは私は「Gyro-n SEO」を使ってます。

このツールは無料でも使えるのでオススメです。

今度の機会にご紹介しますねーー。

 

 

実際に記事を修正したポイント

さて、前回の記事でお話しした通り、私が実際に行なった作業のポイントは2つです。

 

対策1:専門用語をごっそり違う言葉に置き換え

専門用語を思いっきり、簡単な言葉に置き換えしました。

修正前は専門用語をバシバシ使って説明していたのですが、それがどうもGoogle様のお眼鏡にかなわなかったようですので、

この際思い切って、専門用語を削除、違う表現で書き直しました。

自分なりにですが、誰にでも分かりやすく、その状況とか症状とかを説明するよう心がけた感じです。

記事の文字数は当初2,000文字くらいだったと思うんですが、専門用語の不使用により1,700文字くらいまで減ったと思います。

しかしこれが良かったようです。

 

対策2:体験談を心がけた

これは対策1の専門用語を使わずに分かりやすくと言うところと重なるところがあるかもしれません。

専門的な観点ではなくて、「こう使ったらこうなりました」と言うような単純な事実と感想を記載しました。

修正前は「こういった効果が期待できる」風のことをカッコつけて書いていたのですが、修正後は「こう使ったらこうなりました」です。

かっこも付けていません、見てくださっている人と同じ目線と言うことを意識しました。

 

以上の2つを心がけて修正したら1週間と経たずに検索順位が戻りました!やったー!

 

記事を修正して思ったこと

 

1つ目:ユーザー目線の記事の大切さ

まず、1つユーザー目線の大切さに気づいたことです。SEOはユーザー目線の記事をきちんと書くと効果がありますよ、と教えられてきましたが、

恥ずかしながら今まで「本当かよ」と半信半疑だった部分がありました。

アドセンスは何より体験談を書けと言うのもこの「ユーザー目線」が大事と言うことなんですね。

よーくわかりました。

 

2つ目:全部修正するのはめんどくさいと言うこと

実は私のブログには健康・医療系の記事は結構ありまして、全部修正するのは大変だなと言うことに気づきました。

ご紹介した検索順位の上がった記事については、修正時間としては10分〜15分程度でしたが、50数記事を修正するとなると、

ものすごーく時間がかかってしまいます。

やるとすれば、1つはPVを稼いでいた記事から取り組んで行くと言うことと、もう1つは修正を外注したいと思っております。

難しい指示ではないと思うのでここは外注に頼らざるをえないかもしれないです。

 

この件に関しては続報を随時ご紹介していきたいと思います!

 

 



この記事に関連する記事一覧

ブログランキング
プロフィール

はじめまして。本多です。

サラリーマンとして多忙な日々を送っていますが、月10万円を副業で稼げるようになりました。

詳しいプロフィールは以下をご覧ください!

プロフィール

カテゴリー
FAAP外注化で稼ぐ(特典あり)レビュー
twitter
最近の投稿

ページの先頭へ