アドセンスの収益があった場合は確定申告が必要?知らなかったでは済まされないことも

目安時間5分

アドセンスで収益があったら確定申告は必要?

どんな風にすれば良いのか?

会社にはバレちゃう?

 

なんていう疑問がたくさん湧いてきます。

今回の記事はそんな確定申告する際の疑問についてお答えいたします。

 

 

 

1. アドセンスの収益は確定申告が必要?

人によってはアドセンスによって多くの収益を上げることもあるでしょう。

ではそうしたケースでは収益の確定申告は必要なのでしょうか。

 

基本的には誰でも利益を上げた場合には申告が必要であると考えておきましょう。

そうすればいざ確定申告の時に慌てずに済みます。

もし無申告でいると、後で重い追徴課税を課せられる恐れがあるので、必ず申告はしておきましょう。

 

ただし副業としてブログなどをしていて、給与所得以外の所得の合計が20万円以下の場合には申告は必要なく、住民税の申告だけが必要となります。

 

 

2. 確定申告すると会社にバレる?

もし副業禁止の会社に勤務しているのであれば、確定申告によって会社に副業のことがバレてしまうのはなんとしても避けたいところです。

 

なぜ副業が会社にバレてしまうのかというと、申告によって副業の雑所得が増加し、結果として会社に通知される住民税の金額が増えます。

 

当然会社としてはいくら給与を支払っているのかを把握しているわけですから、住民税の金額が変わればすぐにわかるのです。

そうした事態を避けるためには、税金を個人で納められるように「特別徴収」から「普通徴収」に切り替えるだけで大丈夫です。

 

 

3. アドセンスの収益は青色申告?白色申告?

ではアドセンスで得た収益は青色申告になるのでしょうか。それとも白色申告なのでしょうか。

 

簡単に言えば、本業としてブログなどを行っている場合には利益が事業所得となるため青色申告で申告します。

開業届けを出せば自動的に青色申告になるというわけではなく、本当に本業としてブログなどで生計を立てているのかという点が問題になります。

 

一方で本業とは別に副業としてブログなどを書いているという場合には利益は雑所得となり、白色申告となります。

どちらでもかかる税率は同じなのでその点は心配いりません。

 

 

4. アドセンス収益の具体的な処理方法

実際にどのくらいの利益が出たかは1月から12月の収入から必要経費を差し引いて計算します。

 

ただし通常1月分の収入は2月に、2月の収入は3月に振り込まれるので、たいていの場合2月から翌年1月に入金されたものが収入となります。

そこからドメイン費用やサーバー費用、スマホ料金などの必要経費を引いて利益が算出されます。

 

収支の計算をしたものは必ず記録として残しておきましょう。そうすれば税務署から尋ねられた時にしっかりと説明できます。領収書の保管も絶対に必要です。

 

 

 

5. まとめ

アドセンスでは多くの収入がある場合も少なくありません。

もっとも怖いのは、よくわからないから何もしなかったという、意図せず脱税してしまったケースです。

 

悪意はなかったのに、故意に脱税したと判断されて追徴課税が課せられてしまうと多額の税金を納めなければならなくなります。

そうした事態を防ぐためにも、ぜひ申告をきちんとして問題を引き起こさないようにしましょうね。

 

(今回の記事は2018.11.8現在のものです。)



ブログランキング
プロフィール

はじめまして。本多です。

サラリーマンとして多忙な日々を送っていますが、月10万円を副業で稼げるようになりました。

詳しいプロフィールは以下をご覧ください!

プロフィール

カテゴリー
FAAP外注化で稼ぐ(特典あり)レビュー
twitter
最近の投稿

ページの先頭へ